FC2ブログ

パトリシア・バーバーは本物のワールドクラスのアーティストでした!

2017/09/15 Fri

IMG_3519.jpg

「パトリシア・バーバー Patricia Barber」といってもご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、
彼女作り出すサウンドをひと聴きすれば、世界クラスの音楽家であることがすぐに分る、
好きとか嫌いとかを超えて、聴きたい!と思わせるシンガーピアニスト。
アルバムはコンコードから出ています。(帰りの機中Jazzプログラムの中に彼女の曲が入ってて、ビックリ!)

IMG_3604.jpg

毎月曜に出演している、Green Millのライブは入場料がたったの8ドル!!
でも、その5~6倍を払ってもいいくらいの、完成度の高い、クオリティが違う、
緻密で細部にまで神経の行き届いた、まるでレコーディング並の演奏を聴くことができました。

IMG_3513.jpg

並のミュージシャンのライブではないことは、演奏が始まる前から予想されました。
◎入り口で料金を払ったら、まず「演奏中の私語とフラッシュの使用は厳禁。」と言われる。
◎一人だけまずステージに上ったパトリシア、緊張してるPAの青年に事細かく指示を出し、
 納得のいく音を求めていた。(もういいや、仕方ないねーでスタートする人も多いはずだけど・・)
◎次にステージに上がった、若いベーシストとドラマー。明らかな緊張感とピリピリ感が感じられる。

準備中は私までも緊張してしまいそうな雰囲気もありましたが、
演奏が始まるとすっかり彼女の世界に引き込まれました。
サウンドは厚く、アレンジも秀逸で ボーカルも一級。
メンバーは彼女と一体となって音楽を創ることに徹底してる。
オリジナルが多い中、挟み込まれたスタンダードはあっと驚くような展開。

こんな凄い人がなぜニューヨークではなく、シカゴに居続けるのだろう?
もしかしたら、「彼女の完璧」を追求することが、シカゴでしかできないのかもしれない
どこにいて、どこから音楽を発信するかは、大きな問題ではないんだ。
福岡にいる私でも、心置きなく、いい音楽を追求し、発信すればいいんだ。
そんなことを思わせてくれた、本当に素晴らしいライブでした。

そして、全てを優しく見守っているようだったのが、ステージ横に置かれているあのチコ・フリーマンの父で
シカゴローカルジャズを代表するサックス奏者だった、ヴォン・フリーマンの等身大のパネル。

IMG_3522.jpg

ヴォンおじいちゃん、亡くなってしまったんですねー。
8年前、87歳のヴォンおじいちゃん(失礼ながら、こんな呼び方がピッタリの方でした~)の話が飛びまくって
私が何度も目を白黒させたこと、30代のファン女性のグルービーたちのこと、
シットインさせてもらったステージ上で起こった、びっくりなこと 等など
懐かしく思い出されました~。

IMG_00675.jpg

IMG_007156.jpg

ヴォン・フリーマンさん、素敵な思い出をありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

CHIAKI  ICHIKAWA

Author:CHIAKI  ICHIKAWA
2ndアルバム“SUNNY SWIMG”
3rdアルバム“MOMENTS TOGETHER”
ディスクユニオンより全国発売中!

フリーのラジオアナウンサー、英語通訳者を経て第8回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト準グランプリ受賞。

ハッピージャズをテーマに、卓越した英語力と抜群のスウィング感、安定した歌声で内外のジャズボーカル通をも納得させる、王道を行く本格派ジャズシンガー。豊かな表現力はミュージカルを彷彿とさせ、日本人離れしたディクションの美しさには定評がある、福岡を拠点に全国で活躍中。

2ndアルバム「Sunny Swing」は「ジャズ批評」2010ジャズオーディオディスク大賞ボーカル部門ランクイン。
 
'06年「JOY」、'10年10月「SUNNY SWING」'14年11月「MOMENTS TOGETHER」をリリース。




✩これからのおすすめライブ☆


8月24日(金)
神戸北野坂 ベイズンストリート
フィリップ・ストレンジP

10月15日(木)
関西10周年記念ライブ!
大阪茶屋町 アズール
フィリップ・ストレンジP
荒玉哲郎Bヴォン・バロンD

11月15日(木)
福岡ニューコンボ
祖田修P丹羽肇B

詳細はHPでお確かめ下さ~い

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク