駆け抜けた6月、最後は神戸ソネでした~!

2017/07/03 Mon

毎週のように飛行機移動して各地で歌わせて貰った6月。
京都、名古屋に続いて最後に伺ったのがシンガー市川ちあきとしての故郷ともいえる神戸ソネでした。

地元福岡以外で初めて歌ったのが、神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト準グランプリの
副賞として出演したソネ。
その出演から様々なご縁ができて、今の私に繋がったといっても過言でないと思います。

ichikawa.jpg

pict-KIMG0314.jpg

この日ご一緒したのが、越山さんトリオ。
ソネは事前リハが全くないので、「初めまして!」で出会って
簡単に曲と譜面の口頭での説明をして、その10分後位に本番を迎えます。
私がどんなタイプのシンガーか?ミュージシャンがどんな感じの演奏をするのか?お互いわからないまま・・。

でもそれは杞憂でした~!!素晴らしいサポート

pict-IMG_3367.jpg
ドラム岩高淳さん、ピアノ越山満美子さん、私、ベース宮野友巴さん

ピアニストとしての凄腕と天然的キャラのギャップが魅力だったピアノ越山さん、
タイム感や音のタイプが私にはどストライクで、なんとも気持ちのいい音のベース宮野さん
ただひとり過去に共演したことがあり、ソネ・デビューの時もご一緒だったドラムスの岩高さんの
ドラミングはこの日も軽やか心地よく、沢山のお客様の笑顔にライブを大いに盛り上げて貰い
私自身がとっても楽しいひとときになりました~。感謝

アクセサリー一式をホテルに忘れてきてしまい、
休憩時間に走って取りに帰ったりのドジはありましたが(汗)
神戸のみなさまの笑顔と温かさに私の心が満たされた2日間でした~。
ありがとうございました

弾丸のタイ旅行もして、駆け足で走りぬいた実りの多い6月でした。
7月も頑張りまぁす!
スポンサーサイト

コメント

Secret

感謝!

7月8日、福岡太宰府にて初めてちあきさんの生ライブ拝見する事ができました。

実は、この日の昼間に妻と大ゲンカしまして、9日からしばらく仕事で東京に行く前日に凄く気まずいまま、一言も口を聞かずに
一カ月前に予約してましたので夫婦で険悪なまま、ちあきさんのJAZZライブにいきました。

でも不思議ですよね。ちあきさんの歌を聴くと心が洗われ、涙が止まりませんでした

ライブが終わって声を掛けて頂いたときにはお互い昼間の事なんて飛んでいき、なんていうか、ちあきさんの歌で仲直りでき、
今は無事に東京に到着しました。

JAZZって凄いです。歌って凄いです。
ちあきさんにお会い出来た事が、こんな日なんて奇跡です。

長文大変失礼しました。ただどうしても、
ちあきさんのCDを聴いてたらいてもたってもいられませんでした。

本当に感謝してます。これからも素敵な歌を歌い続けて下さいね。またいつか生ライブ行ける日を楽しみにしてます。 一期一会

マサヒロさん、感激です!

貴重なコメントをいただいてたのに長い間気が付かず、本当に本当に申し訳ありません。でも、私の歌がそんな役目を果たしていたなんて・・内容にただ感激です。

東京での暮らしは慣れられましたか?11/8は横浜でライブです。また、どこかでお目にかかれますように!
プロフィール

CHIAKI  ICHIKAWA

Author:CHIAKI  ICHIKAWA
2ndアルバム“SUNNY SWIMG”
3rdアルバム“MOMENTS TOGETHER”
ディスクユニオンより全国発売中!

フリーのラジオアナウンサー、英語通訳者を経て第8回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト準グランプリ受賞。

ハッピージャズをテーマに、卓越した英語力と抜群のスウィング感、安定した歌声で内外のジャズボーカル通をも納得させる、王道を行く本格派ジャズシンガー。豊かな表現力はミュージカルを彷彿とさせ、日本人離れしたディクションの美しさには定評がある、福岡を拠点に全国で活躍中。

2ndアルバム「Sunny Swing」は「ジャズ批評」2010ジャズオーディオディスク大賞ボーカル部門ランクイン。
 
'06年「JOY」、'10年10月「SUNNY SWING」'14年11月「MOMENTS TOGETHER」をリリース。




✩これからのおすすめライブ☆

11月8日(水)
横浜BarBarBar
福井ともみP座小田涼一B藤井学D

11月18日(土)
名古屋桜山TwoSome
片桐一篤P

11月21日(火)
福岡ニューコンボ
フィリップ・ストレンジP丹羽肇B

12月2日(土)
太宰府Jazz工房Nishimura
浦ヒロノリSax小森陽子P丹羽肇B


詳細はHPでお確かめ下さ~い

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク