やっと会えた!キャロル・ウェルズマン!!

2016/10/25 Tue

IMG_2982.jpg
Carol Welsman キャロル・ウェルズマン
日本でアルバムが発売になる以前に偶然歌を聴いて「ひと聴き惚れ(!)」して以来、
十数年に渡ってずーっと聴いてるカナダのシンガー・ピアニスト。

繰り返し繰り返し聴いて、リズムの取り方やフレージングを真似したり、
分析してみたり、選曲をもらったり、新たな歌詞の解釈と表現方法に感動したり、
曲の捉え方のセンスが好きで、私がこれまでたくさ~ん聴いて、
色々参考にしてきたボーカリストの生ライブがやっとやっとで聴けました!!

わざわざ福岡からライブのために上京したということで、
特別に最前列の彼女の真正面の席に案内いただき(大感謝!)
おかげで初めて、歌う時の彼女の表情がしっかり見られて、
私がなぜ彼女の歌に惹かれたのか、
そして、これから私はどう進むべきかはっきり見えてきました!!
貴重なヒントをいっぱい貰えました~。

終演後、私のアルバムレビューを雑誌に書いてくださって、
彼女のアルバムのライナーノートも書かれている
ジャズボーカル評論家の高田敬三さんに彼女にご紹介いただき
少しお話させてもらいました。

人の歌を丁寧に聴き、分析するという作業を重ねていくと、
その人の人となりや性格は何となくわかってきます。
そして、自分となにか共通したものを持っている人の曲の解釈はすっと自然にうけいれられるけど
そうでない人の場合、なんか無理を感じて、うまくいかないのです。

キャロルはそれまで歌を聴いて想像してた通りの人で、
おまけに私と共通する面をいくつか持ってる人、どこか似た部分のある人だとがわかり、
だから彼女の歌がすーっと入っていったんだなぁと納得しました。

でも、そびえるような長身は超意外!180cmはゆうに超えているのでは?

もう一つびっくりしたのは、なんと、一風堂の博多ラーメンの大ファンで
この日ライブ前に上野に食べに行ったとのこと!
「福岡は一度行ってよく覚えてる、わざわざ来てくれたのね!」

IMG_29774.jpg

購入したアルバムには「ちあき、やっと会えてすごくよかった!」と書いてくれました!
そして私の歌が聴いてみたいと言ってくれたので(わーぉ!)、図々しくもアルバムを郵送しました。(汗)

pict-IMG_29740.jpg

私と同じような年代で、同じ時代を生き、同じ時代の音楽に触れてきた
ジャズヴォーカリスト、キャロル・ウェルズマン。
私とはスタイルに少し違いはあるけど、
これからもどんな曲をどう料理して聴かせてくれるか楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

CHIAKI  ICHIKAWA

Author:CHIAKI  ICHIKAWA
2ndアルバム“SUNNY SWIMG”
3rdアルバム“MOMENTS TOGETHER”
ディスクユニオンより全国発売中!

フリーのラジオアナウンサー、英語通訳者を経て第8回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト準グランプリ受賞。

ハッピージャズをテーマに、卓越した英語力と抜群のスウィング感、安定した歌声で内外のジャズボーカル通をも納得させる、王道を行く本格派ジャズシンガー。豊かな表現力はミュージカルを彷彿とさせ、日本人離れしたディクションの美しさには定評がある、福岡を拠点に全国で活躍中。

2ndアルバム「Sunny Swing」は「ジャズ批評」2010ジャズオーディオディスク大賞ボーカル部門ランクイン。
 
'06年「JOY」、'10年10月「SUNNY SWING」'14年11月「MOMENTS TOGETHER」をリリース。




✩これからのおすすめライブ☆

6月6日(水)
名古屋栄 ラブリー
ディアブルース
(中嶋美弥P名古路一也B
山下佳孝D)

6月15日(金)
福岡太宰府 Jazz工房Nishimura
小森陽子P丹羽肇B
木下恒治D

7月19日(木)
東京目黒・学芸大学 珈琲美学
ぱくよんせP山村隆一B

8月3日(金)
福岡 ニューコンボ
小森陽子P丹羽肇B木下恒治D

8月24日(金)
神戸北野坂 ベイズンストリート
フィリップ・ストレンジP

詳細はHPでお確かめ下さ~い

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク