UTO JAZZ MEET 万歳~!

2011/09/27 Tue

『UTO JAZZ MEET 2nd ~佐藤允彦トリオがうとでJAZZやります~』

熊本県宇土市での9月24日の前夜祭、25日の本番、そしてリハーサル、
深夜のアルコールミーティング、もちろん演奏!
全てを通して沢山の事を貪欲に吸収してきました~(笑)。

こんな言い方は変ですが、
佐藤さんはやはり普通クラスの「素晴らしいミュージシャン」ではなかったです。
いろんな意味で超越した、道を極めた、とんでもない大~きな器を持った方でした。
とても頭が柔軟で、視野が広く、頭脳明晰、音楽の造詣の深さは計り知れず、ダジャレの天才!
(すみません「ダ」は余計でした・・・)
私の言語能力ではこれ以上うまく言い表せませーん。

24日の前夜祭で私は佐藤允彦トリオの演奏でどうしても歌いたかった、
でも本番ではどうかな?って思われるナンバーを歌いました。
You Must Believe in Spring
これには不思議な巡り合わせの、悲しいいきさつがあったんです。

7月に急逝され、葬儀にも参列した大阪のジャズ専門店「ミムラ」の三村さん。
私に過分な位の評価を下さり、温かい応援をして頂いていた三村さん。
熊本RKKラジオでジャズ専門のレギュラー番組を持ち、熊本を愛してらした三村さん。
彼が最期の日に聴きに行かれたのが、
なんとこの佐藤允彦トリオ+上杉亜希子さんのライブでした。
熊本の地で佐藤さんトリオとの共演・・・。なんというめぐり合わせなんでしょう!
だから、私の2ndアルバムの中で三村さんが一番気に入って下さってたナンバーを
このトリオと演りたかったんです。

MCをしている途中で声がつまりそうになりましたが、精一杯歌いました~。
会場には番組のリスナーだった方もいらっしゃいました。
美しいサポートでした。天国の三村さんに届いたかな?

翌日は本番。選んだのは‘On the Sunny Side of the Street'。
リハ中、ヴァースの一部分で、私が歌っているメロディとコードが合わないと
佐藤さんから指摘されました。以前の私だったら、そう言われたら、もうおろおろして
「ど・ど・どうしましょうか~?」となっていたけど今回は思い切って
「でも、私はこう歌いたいんですが…」と生意気に言ってしまいました

すると・・・

佐藤さんは少し考えてから、楽譜に多分コードを書き込みされて、
その後普通にリハが進みました。
(あんなこと言ってよかったのかな・・・?)
深夜、打ち上げの席で他のミュージシャンにおっしゃってました。
「この人はこんなことを言ったよ。でもそれでいい。だって彼女はフロント、自分たちはバック。
自分が合わないと思っても、そこを上手にうめてフロントに合わせるのが自分たちの仕事」だと。
佐藤さん、さすがです!!ほっ。

6時半、UTO JAZZ MEET 2ndの幕が上がりました!
オープニングは地元中学生による、佐藤さん作曲のナンバー。
こんな贅沢なオリジナルがレパートリーにあるなんて、なんて素敵なんでしょう!

その後トリオの演奏の後、いよいよ私たち7名の九州メンバーの出番です。
佐藤さんは私をトップバッターに選ばれました、なんで~?やめてくださーい!
曲のリハだけはしましたが、どんな流れで曲になるのかは全く不明。

佐藤さんから私の紹介があり、ステージに出ました。すると・・
「もう、選挙演説でも何でもやっちゃってください!」  ワォー
(この時、楽屋では他の出演者たちから「ええ~っ、しゃべらなくではいけないの?」「どうしよう!」
とかの声が上がったそうです)
まあ、子供のころから「口から先に生まれた」と言われたきた私ですからね~(笑)お任せください!

曲になりました。あのヴァース部分も素晴らしい流れのサポート。そしてコーラス・・。

実は1コーラス目はドラムとデュオで、サビからベースが入るようにしたので
私がドラムの村上寛さんにきちんとリズムとテンポが伝わるように、
歌い始めなくてはいけない関門がありました。

大丈夫か??

私は村上さんの方を向いて歌い始めました。すると、村上さんがニッコリ!
そして、私が望む通りのリズム!同時に、会場からは手拍子が始まりました~。
サビからは加藤真一さんの、これまた私が望む通りのきちっとしたベースライン。

そして、2コーラス目からは佐藤さんのピアノが加わり、
そのあとは夢のようなサウンドに包まれて、あっという間に私の曲は終わってしまいました~。

トップバッターの特権は、その後の演奏を思う存分聴くことができること。聴きましたよ~。
皆さん佐藤トリオの素晴らしい演奏にもリードされたのでしょう、い~いパフォーマンスでした!

休憩の後は、トリオにヴォーカルの上杉亜希子さんが加わってのステージ。
素晴らしい声量の歌声。プロの心意気を感じました。

そして、フィナーレは出演者全員が加わった、佐藤さん作曲の「UTO JAZZ MEETフィナーレ」。
ヴォーカルも楽器同様、何でもOKなので適当にアドリブで演奏に加わるようにとのこと。
楽器の演奏が白熱するに従って、私も思わず乗ってちょっとシャウト。(あらら・・)
佐藤さんが笑顔で振り向かれました。これもありでいいんですよね?

いい、コンサートでした~!

pict-pict-pict-IMG_0463.jpg
佐藤トリオ、上杉さんと7名の九州ミュージシャン達。「はい馬刺し~!(佐藤さん作)」でパチリ!
110925_2205~02
佐藤先生、ありがとうございました!!又ご一緒出来る日が来ますように!

コンサートの開催に尽力された宇土の皆さまにも、心より感謝いたします!
素晴らしいチャンスをありがとうございました!!
スポンサーサイト

玉ねぎって、冷凍したら・・・

2011/09/20 Tue

買い換えた新しい冷蔵庫。
やっぱり新しいのはいい!気持ち良く冷えるし、食品の持ちがよくなった!

でも、冷蔵室、野菜室、冷凍室の配置が変わったので、
入れる時まだ一瞬考えてしまう。

そして・・・ やってしまった。

きっと何かほかの事を考えていたからでしょう、
使いかけの玉ねぎを野菜室ではなく、冷凍室に入れてしまっていた!

見事にカチカチに凍った玉ねぎ。
もうどうしようもないので、試しに解凍してみた。
110913_1850~01

結論

生の玉ねぎを冷凍したらもう元には戻りません。
解凍してもふにゃふにゃで、使い物になりません。

ああ、馬鹿なことしたなぁ。もったいない・・。
 
みなさん、くれぐれも生の玉ねぎは冷凍されませんように!
そんな事は常識??

ドルフィーズは温かかった~!

2011/09/12 Mon

米国同時多発テロから丁度10年、東日本大震災から丁度半年という日になってしまった
太宰府市五条のドルフィーズさんでのライブ、
お客様の笑顔といい、木造のお店ならではの音といい、マスターのハートといい・・・・
ホントに温か~~~く終了しました。

色々ご予定のあったであろう日曜にも関わらずお越しくださったみなさま、
どうもありがとうございました!!!
皆さんがライブを大変楽しみにして、お店に足を運んでくださったことがすごく感じられました。
私たちも熱くならざるを得ませんでしたね。

この日、大馬鹿な私はお店の近くに来て大事な物(ちょっと言えない位・・ああ恥ずかしい!)
を忘れてきたのに気が付き取りに帰ったので、リハ時間がいつもより少し短かったけど
ピアノの久保田さんとベースの丹羽さん、全く関係なかったです。さすが~!
それにしても私、あわて者はいくつになっても直りません。ごめんなさーい。

この日のお客様、最初からすごくリラックスして思い思いにライブを楽しんでらっしゃいました~。
ライブの始めって、演る側も聴く側もちょこっと緊張感があったりすることが多いのだけど
それがないというのは、ドルフィーズさんの持つ雰囲気のなせるところなのでしょうか?
私もリラックスして、自由に楽しーく色んな歌の世界を旅することができました。
感謝!感謝!!

この日の初お披露目はMy One and Only Love。
超ベタのラブソングなので、どうも私にはしっくりこなくて・・
やっと私なりの歌に仕上がったのでドキドキで歌いましたが、どうだったんでしょう??

1st
Old Devil Moon
Raindrops Keep Fallin' on My Head
So Danco Samba
Bridges
Fever
Twisted
You Taught My Heart to Sing
Just the Way You Are

2nd
I Love Being Here with You
Misty
Beautiful Friendship
My One and Only Love
Devil May Care
You Must Believe in Spring
I Could Have Danced All Night
ENCORE
Fly Me to the Moon

110911_2255~01
丹羽さん、久保田さん、素敵なサポートありがとうございました。楽しかった~。
110911_2256~01
いい笑顔で聴いていただき、ありがとうございました!
アルバム‘Sunny Swing'、気に入っていただけると嬉しいです。

皆さまのおかげでライブが続けられます。
これからもどうぞ応援してやってくださいませ~。

無くなってわかるもの・・

2011/09/05 Mon

このところ、ききが悪くなっていた我が家の冷蔵庫。
とうとう完全アウトになってしまった

暑さのせいかと勝手に思い込んでいたので、買い替えの準備をしてなかった。
電器屋さんに急いで駆け込んだけれど、明日の夕方にならないと届かないとか(涙)。

冷凍室にあった天然水氷はただの天然水に・・
冷凍食品は解凍状態に・・
たーくさんいただいたので、超喜んで冷凍していた辛子明太子はほとんど常温状態に・・

Oh,no !!

冷蔵庫の有難さなんて、日頃全然気にもしてなかったけど
こんなに大事なものだったなんて!
あんまり当たり前過ぎて、その有難さに気がつかないものってありそう・・。

幸せ?(きっとあるはず)
家族?
運?(これもきっとあるんだろうって思う)
歌えること!(これは絶対!)
食べられること!息ができること!生きていること!!
無くなって初めて有難さが分かるんだろうな。

無くならないとわからないのかなあ?
あるうちに、有難さに気付いて、感謝できた方がいいよね。
小さなものにも感謝を忘れないでいようっと。

さてさて、冷蔵庫の中のもの悪くなってしまう前に、できるだけ使ってしまおう!!
でも、食べきれないよぅ。

9月のスケジュール!

2011/09/03 Sat

大型で超ノロノロの台風の到来と共にスタートした感の9月。
大雨が予想される関西の皆さま、大きな被害が出ないことを心から祈っています。

さて、これからのスケジュールです。
歌いたくて、歌いたくて・・状態の今の私。
こんな時は、きっといいライブになると思いますよ~。
どうぞいらしてくださいませ~

9月11日(日)19:30~
市川ちあき(Vo)久保田浩(P)丹羽肇(B)
Cafe&Bar JAZZ INN ドルフィーズ
福岡県太宰府市五条2丁目2-18 TEL092-923-5520
前売り\2500当日¥3000学生\1500
*久しぶりの太宰府は西鉄五条駅近くのドルフィーズさんです。木のぬくもりのある音、フレンドリーな雰囲気。初めて行っても、「初めて」を意識しないお店です。ファンキーなピアニスト久保田さんとも久しぶり。みなさま、お待ちしていまーす!

9月25日(日)開場 18:00 開演18:30
Uto Jazz Meet 2nd
佐藤充彦(ピアノ)加藤真一(ベース)村上寛(ドラムス)他九州のミュージシャンのみなさん
宇土市民会館
熊本県宇土市新小路町123 TEL0964-22-0188
前売り\2000当日¥2500 高校生以下\1000
<ご予約・お問い合わせ>
宇土の文化を考える市民の会 0964-22-0188
*ご存知日本を代表するジャズピアニスト、佐藤允彦さん。
一緒に音楽を作ることで何でもいいから、何かを発見したくて共演者募集に応募しました。
ベース、ドラムスも超豪華。きっと何かの発見はあるはずと信じています。何だろう?楽しみ~!
熊本県デビュー!6人の九州各地のミュージシャン達と共に出演します。

皆さまとお目にかかれるのを楽しみにしていまーす。
どうぞ、お越しください!
そして、必ず私に声をかけてくださいね~。

プロフィール

CHIAKI  ICHIKAWA

Author:CHIAKI  ICHIKAWA
2ndアルバム“SUNNY SWIMG”
3rdアルバム“MOMENTS TOGETHER”
ディスクユニオンより全国発売中!

フリーのラジオアナウンサー、英語通訳者を経て第8回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト準グランプリ受賞。

ハッピージャズをテーマに、卓越した英語力と抜群のスウィング感、安定した歌声で内外のジャズボーカル通をも納得させる、王道を行く本格派ジャズシンガー。豊かな表現力はミュージカルを彷彿とさせ、日本人離れしたディクションの美しさには定評がある、福岡を拠点に全国で活躍中。

2ndアルバム「Sunny Swing」は「ジャズ批評」2010ジャズオーディオディスク大賞ボーカル部門ランクイン。
 
'06年「JOY」、'10年10月「SUNNY SWING」'14年11月「MOMENTS TOGETHER」をリリース。




✩これからのおすすめライブ☆

11月8日(水)
横浜BarBarBar
福井ともみP座小田涼一B藤井学D

11月18日(土)
名古屋桜山TwoSome
片桐一篤P

11月21日(火)
福岡ニューコンボ
フィリップ・ストレンジP丹羽肇B

12月2日(土)
太宰府Jazz工房Nishimura
浦ヒロノリSax小森陽子P丹羽肇B


詳細はHPでお確かめ下さ~い

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク