6月はミスターケリーズです!

2011/05/25 Wed

早いもので、5月もあと少し。そして・・・
6月は待望の大阪ミスターケリーズライブで~す!

6月3日(金19:30/21:15 入替なし
Shall We Jazz ? vol.6
市川ちあき(Vo)石川武司(P)荒玉哲郎(B)高野正明(D)
ミスターケリーズ
大阪市北区曽根崎新地2-4-1 ホテルビスタプレミオ堂島1F TEL 06-6342-5821
http://www.misterkellys.co.jp/special_live/index.html
チャージ\3300(ネット予約で10%OFF)

22011ケリーズjpeg
(お客様に一人でも多く来ていただきたいと思って作ってたら、ついこんなに・・
私の写真、大きすぎ?)

4回、5回と続きますように!の願いを込めて、ライブ番号をつけたケリーズライブ。
とうとうvol.6となりました!!!

誰がこんなことになることを想像したでしょう?
これまで、足を運んで下さったお一人お一人のおかげです。
そして、ケリーズライブが続いたことが、
ジャズディスク大賞に入選したアルバム“Sunny Swing"の誕生につながりました。
今回は、その感謝を込めてのライブで~す。

大阪、神戸、関西のみなさま、旅行や出張で関西にいらっしゃるみなさま
素晴らしい音響、雰囲気、サービスのお店で
素晴らしいメンバーとのハッピーなライブをご用意してまーす!

皆さまにお目にかかれるのを、楽しみにしていまーす!
どうぞ、いらしてくださいませ~。
スポンサーサイト

20年目の傘

2011/05/24 Tue

基本的にあわて者で、忘れ物もよくする私ですが
何故か雨傘だけは、物心ついてから、一本も失くしたことがありません。
(これは、私のプチ自慢。

だから古ーい傘が何本か傘立てにあって、
なかなか新しいのが買えないのが玉にきずですが・・・(涙)

ところが、そのうちの普段使いの1本がとうとう今日
金属疲労で金具が折れてしまいました~。

110523_2345~01

20年以上使ったから、もう寿命なんでしょうね。

今夜は月一の不燃物の日。まあ、こんな日に何というタイミング。
色々な思い出のある傘、ゴミ袋に入れて出しました。

長い間ご苦労様!

第12回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト

2011/05/19 Thu

15日に行われた、第12回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテストに行ってきました。
やっとアップです。ちょっとついでに関西をうろうろしていました~。
110516_0011~01

今年から会場が大きな神戸朝日ホールに変更されてましたが
既にチケットは完売とのこと。人気のすごさにビックリです。

泊ったホテルがたまたま会場の隣だったので、ちょっと早めに覗きにいったら、リハの最中。
一所懸命曲の説明をしている出場者の姿に、4年前の私が重なりました。
関西以外の出場者は、バンドとは大体初対面。
リハは1回だけなので、テンポ、曲のイメージその他諸々を短時間できちんと伝えようと
必死だったような気がします。なにかあの時の緊張感がよみがえってくるような感じになりました。

110515_1359~01
コンテストの開始を待つ会場。
今日は、これからここでどんなドラマが繰り広げられるのでしょうか?

私のアルバム‘SunnySwing'はコンテストがきっかけとなって誕生したこともあり
録音をした富士通テンさんと同じブースで販売されました。感謝!!
110515_1710~02
ロビーにコーナーができています。
ポスターの左にある、小さな白い丸っぽいのが、富士通テンさんのオーディオ装置。
これで、私のアルバムをずっと鳴らしてくださってました。
小さいのに、その音の良さに正直ビックリ!! 欲しいなー。

出場者として以外で、初めて聴いたコンテスト。ゆったり聴けました~。
歌を聴いて、それに対する評を聴くと・・・
やはり勉強になり、参考になることが多かったですね。行ってよかった。
会場には、ボーカリストやボーカルを勉強している人たちがたくさんいらしてました。
私もこんな風に聴かれていたんでしょうかー。

でも、順位を付ける難しさをつくづく感じましたねー。
技術は確かに素晴らしいけど、心に響かないひと。
技術的には難点もあるけど、心に伝わってくるひと。
上手いはずなんだけど(そう感じました~)緊張しまくってるひと。
どこで判断するのか?審査員は大変ですね。
絶対的な順位はつけられないって思いました。

審査員の方々、関係者のみなさん、ミュージシャンの方々と
たくさんの再会がありました~。懐かしいー。
私を育ててもらった、あったかーいコンテストです。
こんな温かいコンテストって、他にあるのかしら?

そして、とっても嬉しかったのは、声をかけて下さる方が何人もいらしたこと!
もう4年前なのに・・・。
「あなたの‘バークリースクエアのナイチンゲール’は最高だと思います。
YouTubeでもよく聴いています」と言ってくださった男性。
もう感激して、拝みたくなりました(笑)。ありがとうございます!

110515_2032~01
打ち上げで。(私の時はなかったよーん)
関西からの出場者、石田裕子さん(右)と中川さつきさん(左)。
二人とも、入賞おめでとう!!

そして・・
110515_1923~01
コンテストの協賛、ヤマハ神戸店のTさん。
私のアルバム、お店で強力プッシュしていただいてます。お世話になってます!感謝!!
110515_1857~01
お手伝いしてくれたSちゃん。これまた感謝!!

3回も出場したコンテスト。
よその土地なのに、知ってるお顔がいっぱいで・・・
故郷に里帰りしたような、一日でした。
素晴らしいコンテストに出場できたことに、感謝です。

神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト

2011/05/13 Fri

15日に行われる,第12回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテストに行きます、
出場者としてではなく。これは初めてです。なんか楽しみ~。

このコンテストがなかったら、今の私はないと断言できるくらい
私にとっては特別のイベントです。

最初に出場したのが第4回大会。
専門的にジャズボーカルを勉強始めて2年半位の頃、ジャズボーカルというものが全く掴めなくて、
どうしていいか、何か糸口になるものはないかと探していて、見つけたのがこのコンテスト。
「よし、これを聴きに行こう!」と決意。どうせ行くなら、私が落ちてどんな人が受かるのか
知りたいと思って応募してみたら、ナント受かってしまった!
でも正直なところ、お断りしたかったくらい。
だって、あまり人前で歌った経験もなかったし、そもそも出場するつもりはなかったから。
「自信を持って出場して下さい」という事務局の声に背中を押されての出場。でも・・・

本番は、当然のことながら、兎に角あがりまくって、訳が分からないまま終わってしまった。
しかし、ボーカルをやっていく上での大きなヒントは貰えました。

そして、そのヒントを手掛かりにもう1年勉強して、第5回大会では入賞することができ、
第8回大会では準グランプリをいただくことができました。

出場する度に目から鱗のような発見があり、ひとつの発見が次の発見に繋がっていきましたねー。
そして、それは福岡でただ練習してただけでは、ただ歌っていただけでは
到底たどり着けないものでした。極度の緊張状態に身を置いて、初めて見えたものもありました。
他の出場者の歌とそれに対する評を聴くことで、分かったことも沢山でした。
コンテストは宝の山でした~。

また、準グランプリの副賞ライブで初めて出会ったのが、ピアノの石川武司さん。
これがなかったら、出会うはずもなかった。
出会ってなかったら、関西でライブもしてなかっただろうし、
アルバム‘Sunny Swing'も誕生してない・・
本当に恩人ならぬ、恩コンテストです。

今年出場される10人の方々も、たくさんの宝を掴んでくださいね。

有難いことに、会場では私のアルバム販売もされることになりました。
110507_1703~01
友人が作ってくれたこの特大ポスターが目印です。
でもどうやって、神戸まで持って行こうかしら・・?

会場で、もし私を見かけたら、どうぞ声を掛けてくださいね~。

素晴らしかった!安藤美姫選手

2011/05/02 Mon

フィギュアスケート・ウォッチャーである私。
連日、世界選手権をTV観戦しました~。
ショート・プログラム、フリー、エキシビションと。

特に安藤選手、素晴らしかったですねー。
安定した技術面もさることながら、心の底からの表現力。
思わず、みとれてしまいました。
技術の素晴らしさは頭で感じるけど
人を惹きつけるのは・・心に響くのは・・表現力。

そして、心の底から表現するためには・・
まずは、心の扉を大きく開けることが不可欠。

でも、安心して心の扉を開けるためには色々なことがクリアされる必要があります。
人は精神の安全のために、普段は何層かの保護膜、保護壁を持っていますから。
それを全部取っ払わないといけない。
取っ払っても平気な状態にならないといけない。

真央ちゃんは、今は出来てないという自覚が強くて、
心の扉に何重にも鍵がかかっているように感じました。
出来てないにしろ、出来ないにしろ、もし心の扉が開いていたら・・
また、違った演技になったことでしょう!

安藤選手といえば、かつてはムラと波のある気分屋という印象でしたが
変わりましたねー。変われるんですねー。
「心のコントロールの仕方を身に付けたことが大きいと思う。
心からスケートを楽しめる方法が見つかった」とのコメント。

私は全然次元が違うけど、同じ表現者です。
まだ、心から歌うことを楽しめるという段階にはなってないけれど
ここ半年くらいで、私なりに心をコントロールする方法を見つけました。
それが、彼女のように人を感動させる事に繋がればなあって思います。

もちろん、技術的な裏付けがあってからこその話なんですが。
まずは、こっちを頑張らないと!ですね。
プロフィール

CHIAKI  ICHIKAWA

Author:CHIAKI  ICHIKAWA
2ndアルバム“SUNNY SWIMG”
3rdアルバム“MOMENTS TOGETHER”
ディスクユニオンより全国発売中!

フリーのラジオアナウンサー、英語通訳者を経て第8回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト準グランプリ受賞。

ハッピージャズをテーマに、卓越した英語力と抜群のスウィング感、安定した歌声で内外のジャズボーカル通をも納得させる、王道を行く本格派ジャズシンガー。豊かな表現力はミュージカルを彷彿とさせ、日本人離れしたディクションの美しさには定評がある、福岡を拠点に全国で活躍中。

2ndアルバム「Sunny Swing」は「ジャズ批評」2010ジャズオーディオディスク大賞ボーカル部門ランクイン。
 
'06年「JOY」、'10年10月「SUNNY SWING」'14年11月「MOMENTS TOGETHER」をリリース。




✩これからのおすすめライブ☆

11月8日(水)
横浜BarBarBar
福井ともみP座小田涼一B藤井学D

11月18日(土)
名古屋桜山TwoSome
片桐一篤P

11月21日(火)
福岡ニューコンボ
フィリップ・ストレンジP丹羽肇B

12月2日(土)
太宰府Jazz工房Nishimura
浦ヒロノリSax小森陽子P丹羽肇B


詳細はHPでお確かめ下さ~い

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク