JAZZ Autumn ライブ終了!

2007/10/30 Tue

バックステージでの秋の定期ライブ、予想を大幅に超えるお客様が来てくださり、熱く熱く終えることができました。今回は遠方からのお客様も多く、本当にありがたかったです。ステージと客席が一体となったいいライブができて、私も楽しませてもらいました。ライブ後も会場にずーっとそのまま残ってくださった方、このまま家に帰れないと2次会に行かれた方と余韻まで楽しんで頂いたみたいで、嬉しい限りです。

アメリカでの色々な経験を通じて、私自身も一皮剥けた感じで、「私の音楽を聴いて!」と素直に気楽に堂々と言える感じで初めてライブができました。そのせいか声もびっくりするくらい楽に出て、余裕をもって進めていけました。精神的な面って大きいのですね。
新曲が半分という構成で、そちらのほうにばかり気が行っていたら、思わぬところに落とし穴があるもので、普段やりなれている曲を失敗してしまいました。油断大敵!反省しています。

アメリカから生出演した、RKBラジオを聴いてきてくださった方も何人かいらして・・お越しくださったみなさん、飛び切りの演奏をしてくださった内田さん、丹羽さん、菅原さん、そしてバックステージの皆さん、どうもありがとうございました!!
071027_2303~0001.jpg

ドラムの菅原さんと大分から来てくださったクッキーさんとかっこいい息子さん!

来月も初のディナーショー、神戸での初ライブ、東京からドラムとベースをお迎えしてのライブと目白押しです。是非お越しくださいね
スポンサーサイト

アメリカで得たもの

2007/10/23 Tue

アメリカから戻ってしばらく経ち、やっと疲れも取れた感じです。大旅行でした~!おなかの感じも大分元に戻ったけど、なぜか何故だか、お味噌汁を身体が受け付けない状態が続いています。毎日食べていたのに~。こんな経験どなたかお持ちですか?

1週間強のアメリカ滞在で、英語力はかなり上がってます。何せ日本人に全然会わない1週間だったので、ずーっと英語が耳から離れず夢も英語で見てたくらいですから。今はすごいぞ!(でもいつまで続くやら~・・・)

音楽的には・・私にとってかっこいい、心動かされる音楽がどんなものなのかが、とてもはっきり認識できるようになりました。これはとても大きな収穫です。今までの迷いが吹っ切れました。私のスタイルが出来ていくかもしれないと、ちょっと喜んでいます。きちんとした主張を持って、来月初めての神戸のライブに臨めるのはこの上なく嬉しいです。行ってよかった~。

実は神戸のコンテストで優勝していたら、シアトルでのライブが大学の同窓会と重なってカンザスシティを訪れることができなかったのです。きっと私には準優勝のほうが、長い目で見ると、よかったのかもと思えます。また、行った大学がカンザスシティにあったという、幸運も改めて感じます。

今週、そして来月3本のライブがとっても楽しみな私です。

カンザスシティ ジャズプレイス

2007/10/19 Fri

カンザスシティ、といってもミズーリ州です。カンザスシティはカンザス、ミズーリ両州にまたがっていて、ミズーリ側が断然大きいです。カンザス側に入った途端、寂ーしくなります。

今日はジャズ関係の場所の写真をアップします。
DSCN0034.jpg
ジャズ博物館(半分は野球のニグロリーグ博物館)の正面
DSCN0035.jpg
博物館の売店
DSCN0036.jpg
博物館の周辺、チャリー・パーカーが育った町並みです
DSCN0025.jpg
当地NO.1のジャズクラブ the Blue Room
DSCN0045.jpg
こちらもジャズクラブ
DSCN0041.jpg
セッションしました
20071019153316.jpg
これも別のセッション中です 写りが悪くてごめんなさい

日本では得られない、沢山の刺激を受けてきました!
このカンザスシティジャズの香りを持って、いよいよ来週福岡でライブです!27日(土)20時から、中央区赤坂門交差点そばのバックステージ。ただいま予約受付中です!
詳しくは、ブログ内あるいはHPのスケジュールをご覧下さいね。
皆さん、お待ちしていまーす!

無事アメリカから帰国しました!

2007/10/18 Thu

また、24時間かけてアメリカから帰国しました。
アメリカは遠かったでーす。くたびれました~。
14日のRKBラジオは聞いていただけましたか?

久ーしぶりのかの国は、車が小さくなって,きれいになって、また日本がかなりアメリカ化してしまった(行ってみて気づきました、そうなんですよ~)せいで、私が初めて行ったときと比べて両国の差が余り感じられないようになっていました。

ただ、食生活はかなり悪化していて、日本で「身体に悪そう」と思う食べ物にあふれかえり、人々の肥満度も上がっているように思いました。1週間以上いて、太ってないと思う女性は3~4人しか見ませんでした。日本もこうならないといいのですが・・

人々のマナーのよさには感心しました。刺青のお兄ちゃんでも他人の前を横切ったりは決してしません。ドアが目の前でバタンと閉まることもありません。運転マナーも同じで運転しやすいです。

細かいことは気にしない、買い物中でも色々話しかけてくれるおばちゃんたち、人々の親切さ、フレンドリーさetc.
暖かい気持ちで帰ってきました!

DSCN0024.jpg
ダラスフォートワース空港にて
DSCN0218.jpg
カンザスシティは噴水とジャズが売り、カンザスシティ空港にて
DSCN0027.jpg
やっぱり広々~
DSCN0071.jpg
ホテルもハロウィーンの飾りつけ
DSCN0064.jpg
甘いものは兎に角、甘~くてでっかくて、ずっしり重い!
DSCN0211.jpg
スーパーで売ってるピザ、大きいのは直径50cmくらい
DSCN0212.jpg
とっても大きい野菜たち、でも味がないんです
DSCN0219.jpg
スシ!クリームチーズ入り。でもコーラとは合いそう
DSCN0197.jpg
ちょっと郊外にいくとこんな景色も

カンザスシティミュージシャンとセッション!

2007/10/10 Wed

レンタカーで必死の思いでホテルに到着。クタクタだったけどちょっと休んで、週1回行われてる当地一番のクラブでのセッションに参加しにいきました。

お店はチャーリー・パーカーが育った家のすぐそば。今にもバードが演奏しながら出てきそうな感じの町並み。お店の前に来ると、きゃーかっこいい音楽!えー?今日はセッションの日じゃなかったの?

入ってみるとやっぱりセッション。でも何でこんなにかっこいいの?

即興のジャズにあわせて詩を朗読する、なんか普通の白人のおじさん。読んでるだけなのに、スウィングしてる。どうして?
「英語はそれ自体スウィングしてる」って私のCD、JOYのライナーノートに有田さんが書いてくださってるけど、そういうこと?

黒人のおばさん、声量はないけど上手いのよね。白人の超ボインの軽ーいお姉ちゃん、歌うとビリー・ホリデーみたい。でも、聴いてると皆ブルースなのよね。私ブルースはあまり歌ってないし、どうしよう?

すると私の名前がコール。えい、もういいや!私は私で歌おう!
「今日、日本からカンザスシティに到着しました。日本でジャズを歌ってます。皆さんは日本人がジャズを歌うのをきいたことがないと思います。きっと少し違うかもしれないけど、聴いてください!」

"My Favorite Things in Cm"と言うと、なんで~という位かっこいい演奏。この日出演している、サックスのDennis Winslettさんが入ってくれた。兎に角皆さんに語りかけるつもりで、さすが長旅の直後で声はでなかったけど、いつもと同じに歌いました。すると・・・・・・・拍手喝采!え~ホント?

次は?と言われ、今度はバラードなんて静か過ぎだよねと思いながらも”A Nightingale sang in Berkley Square" と言うとセッションマスターが「いい曲なんだよね~」といいながらサックスを吹き出した。えっ、ほんとにこんな曲でいいの?詩を全員が理解してくれている中でバラードをうたうのは、私が皆をひとつの仮想世界へガイドして行ってる感覚でした。こんな感じは初めて。そして・・・・・・歌い終わると、いろんな人たちが私に握手を求めたり、ハグしたり、話しかけにきてくれました。感激!

どこであっても、私は私の歌を歌えばいいんだ!そう思いました。
そして、ある背の高いスーツを着た黒人の青年が言ってくれた一言がとても嬉しかったです。
「私の心に触れる歌を歌ってくれて、どうもありがとう!」

アメリカに到着しました!

2007/10/10 Wed

福岡から成田へ、成田からダラスへ11時間、ダラスからカンザスシティまで1時間ちょっと。念のため乗り換え時間をたっぷりとってたのと出発遅れで24時間近くかかって、やっと到着しました!

9.11以来アメリカ入国が厳しいと聞いてましたが、ほんと厳しかったです。
パスポート検査では、一人ひとり写真と指紋まで採られ厳しーい顔でチェック。怖かったです。でも私がジャズを歌ってると知ると、別人のような笑顔。「へえ~どんなとこで歌ってるの?」
この変化は可笑しかったですよ。
手荷物検査では靴まで脱いで一緒にトレーに。その間、裸足。
アメリカらしいやり方です。

税関では、生まれて初めての別室送り。え~なんで何で~?
たいした金額ではないのに、手持ち現金を円で言ったため、検査官が念のため送ったらしいのです。私がアメリカで1年を過ごした大学名を言うと、なんと別室の審査官のお母さんもそこの卒業生とのこと。で、すぐフレンドリーな扱いになり、疑いも晴れ、開放されました。

いや~、でも着いた、着いた!
卒業以来初めてのカンザスシティは、随分変わったけど、相変わらず山も高いビルもないので、空が広くて緑が多かったでーす。
プロフィール

CHIAKI  ICHIKAWA

Author:CHIAKI  ICHIKAWA
2ndアルバム“SUNNY SWIMG”
3rdアルバム“MOMENTS TOGETHER”
ディスクユニオンより全国発売中!

フリーのラジオアナウンサー、英語通訳者を経て第8回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト準グランプリ受賞。

ハッピージャズをテーマに、卓越した英語力と抜群のスウィング感、安定した歌声で内外のジャズボーカル通をも納得させる、王道を行く本格派ジャズシンガー。豊かな表現力はミュージカルを彷彿とさせ、日本人離れしたディクションの美しさには定評がある、福岡を拠点に全国で活躍中。

2ndアルバム「Sunny Swing」は「ジャズ批評」2010ジャズオーディオディスク大賞ボーカル部門ランクイン。
 
'06年「JOY」、'10年10月「SUNNY SWING」'14年11月「MOMENTS TOGETHER」をリリース。




✩これからのおすすめライブ☆

11月8日(水)
横浜BarBarBar
福井ともみP座小田涼一B藤井学D

11月18日(土)
名古屋桜山TwoSome
片桐一篤P

11月21日(火)
福岡ニューコンボ
フィリップ・ストレンジP丹羽肇B

12月2日(土)
太宰府Jazz工房Nishimura
浦ヒロノリSax小森陽子P丹羽肇B


詳細はHPでお確かめ下さ~い

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク