やっと会えた!キャロル・ウェルズマン!!

2016/10/25 Tue

IMG_2982.jpg
Carol Welsman キャロル・ウェルズマン
日本でアルバムが発売になる以前に偶然歌を聴いて「ひと聴き惚れ(!)」して以来、
十数年に渡ってずーっと聴いてるカナダのシンガー・ピアニスト。

繰り返し繰り返し聴いて、リズムの取り方やフレージングを真似したり、
分析してみたり、選曲をもらったり、新たな歌詞の解釈と表現方法に感動したり、
曲の捉え方のセンスが好きで、私がこれまでたくさ~ん聴いて、
色々参考にしてきたボーカリストの生ライブがやっとやっとで聴けました!!

わざわざ福岡からライブのために上京したということで、
特別に最前列の彼女の真正面の席に案内いただき(大感謝!)
おかげで初めて、歌う時の彼女の表情がしっかり見られて、
私がなぜ彼女の歌に惹かれたのか、
そして、これから私はどう進むべきかはっきり見えてきました!!
貴重なヒントをいっぱい貰えました~。

終演後、私のアルバムレビューを雑誌に書いてくださって、
彼女のアルバムのライナーノートも書かれている
ジャズボーカル評論家の高田敬三さんに彼女にご紹介いただき
少しお話させてもらいました。

人の歌を丁寧に聴き、分析するという作業を重ねていくと、
その人の人となりや性格は何となくわかってきます。
そして、自分となにか共通したものを持っている人の曲の解釈はすっと自然にうけいれられるけど
そうでない人の場合、なんか無理を感じて、うまくいかないのです。

キャロルはそれまで歌を聴いて想像してた通りの人で、
おまけに私と共通する面をいくつか持ってる人、どこか似た部分のある人だとがわかり、
だから彼女の歌がすーっと入っていったんだなぁと納得しました。

でも、そびえるような長身は超意外!180cmはゆうに超えているのでは?

もう一つびっくりしたのは、なんと、一風堂の博多ラーメンの大ファンで
この日ライブ前に上野に食べに行ったとのこと!
「福岡は一度行ってよく覚えてる、わざわざ来てくれたのね!」

IMG_29774.jpg

購入したアルバムには「ちあき、やっと会えてすごくよかった!」と書いてくれました!
そして私の歌が聴いてみたいと言ってくれたので(わーぉ!)、図々しくもアルバムを郵送しました。(汗)

pict-IMG_29740.jpg

私と同じような年代で、同じ時代を生き、同じ時代の音楽に触れてきた
ジャズヴォーカリスト、キャロル・ウェルズマン。
私とはスタイルに少し違いはあるけど、
これからもどんな曲をどう料理して聴かせてくれるか楽しみです。
スポンサーサイト

1年ぶりのラジオ出演でした~!

2015/11/25 Wed

24日は福岡 Love FM「Tenjin United」で約1年ぶりのラジオ出演でした~。

警固公園を見渡せる開放的なスタジオからの生放送は初めて。
閉ざされたスタジオと違い、気持ちがよかったです。

この日は、偶然の出会いに始まり、色んな方から強く背中押してもらい、
思いもしなかったプロのシンガーになったこと。
なってみたら、それまでやってきたバラバラな事柄がジャズを歌う上で必要で、
見事に1本に糸に繋がったこと。
人生、いつ何が起こるかわからない・・みたいなお話をしました。
こんなことライブではお話するチャンスはないですが、
リスナーのかたはどんな風に聴いてくださったんでしょう??

オンエアされたのはアルバム「Moments Together」から
"Haven't We Met?"と"Eleanor Rigby"。
この番組の雰囲気に合わせて、選曲してみました。

IMG_26141.jpg

バイリンガル・パーソナリティのTomomiさんは、随分前、
私がまだ英語の仕事をしているころから知ってますが、
英語といい、日本語といい、頭の回転といい、どれも素晴らしい!
実はその昔、私もバイリンガルのパーソナリティになりたかったときもあったんですが、
とてもああはできない。ボーカリストの道を進んでよかった~とつくづく思いました。

お世話になりました!!

感謝~♡ YouTube,2本目の5桁台です!

2014/06/02 Mon

1526290_698137826898633_4168306012278172402_n.jpg
You Tubeにアップしていた動画(といっても私の場合、静止画なんですか・・)
いつの間にやら2本目の5桁台に突入です。

ありがたい限り!!
本当に世界中で観てもらってます。
嬉しいっ!

再生してくださった皆さん、感謝です。

まだご覧になったことがないようでしたら・・・。
https://www.youtube.com/watch?v=7KVNZ2FPQyo

ジャズは絶滅危惧種?

2013/01/17 Thu

ワシントンDC報告、第2弾は・・・やっぱりジャズのお話でしょう。

ワシントンに到着した日の夜、14時間の時差のためフラフラで、立っているのも辛い中
残った元気をかき集めてジャムセッションのために向かった先は「HR-57」という、
不思議な名前のお店。

実はこの名前、「(ジャズ・ブルースは)稀有で貴重なアメリカ国家の宝である」と定めた
‘87年の下院決議57(House Resolusion 57)に由来するそう。
決議通過後ジャズブルースを保存し、継承するために、ジャズの教育・体験・鑑賞等を
目的としてHR-57財団が作られ、その財団付属のジャズクラブという、
いかにも首都ワシントンらしいお店なのです。

こんな財団ができたということは、ジャズもブルースも謂わば一種の「絶滅危惧種」
のような危機感をアメリカでは持たれているということなのでしょうか。

そういえば、私が学生時代を過ごしたジャズの街として知られるカンザスシティでも
数年前に行った時、小学生やもっと小さな子供たちが、学校や幼稚園単位でジャズの
ワークショップ体験をしてましたねー。私の学生時代にはやってなかったことでしたが・・。
本場アメリカでのジャズの衰退は、益々加速しているのかなぁ。

その点、日本のジャズ人口は増えもしないけど、あまり減りもしないとか・・。
確かに一部だけど、根強い人気は今だに存在してますよね。

夜一人で出かけるのは少し不安だったし、本当に頭も痛かったし
出かける準備をしている間に何度も、めげそうになったけど
ホテルに頼んでタクシ-を手配してもらって(タクシーが一番安全)
4キロ位離れたお店に向かいました。
pict-IMG_1018.jpg

(続く)

お蔵入りになった幻のアレンジ・・

2012/05/21 Mon

セカンドアルバムのレコーディングから、もうすぐ2年。
2年前の今ごろは、想定外のアレンジに頭を抱えてたな~。

今となっては素晴らしい、大好きなアレンジなんだけど
当時の私にとっては、自分の予測をはるかに超えるものだったので
どう理解して、どう料理して、どう表現していいものか
悩み苦しんでいました~。

10を超える曲数に許された時間は、約2週間。
とにかく必死で間に合わせました~。

でも・・・1曲だけは、どうにも形にならなかった。
きっと、私には合わなかったのかも?
その後、そのアレンジを歌うことはありませんでした。

近づいてきた、大阪ケリーズライブの選曲をしてて、
ふと思い出した、そのナンバー。
真っ新な心の状態になって、もう一度アレンジを聴いてみました。

すると・・アレンジャーの意図が見えたっ
(2年遅いんだよー)

私が、ちょっと背伸びをして歌おうと選んだ1曲。
でもアレンジャーは、背伸びをせずに、そのままの私で歌える曲に
変えてくれていたんです、アレンジで。

背伸びをすることばかり考えていた私は、
180度違うとも言える解釈(アレンジャーはそれが私にふさわしいと考えたのでしょう)
でその曲を歌うなんて、当時は全く頭に浮かばなかった~。

アレンジャー石川武司さんには今更ながら、改めて感謝!
そして6月1日、大阪ミスターケリーズで初披露でーす

私スタイルの「Come Rain or Come Shine」、
ぜひぜひ聴きにきてくださ~~~い!

Shall We Jazz ? vol.8
市川ちあき(Vo)石川武司(P)荒玉哲郎(B)高野正明(D)
とき    6月1日(金)19:30~/21:15~ 入替なし
ところ   ミスターケリーズ
      大阪市北区曽根崎新地2-4-1
      ホテルビスタプレミオ堂島1F TEL06(6342)5821
      http://www.misterkellys.co.jp/
チャージ ¥3300(ネット予約10%OFF)
プロフィール

CHIAKI  ICHIKAWA

Author:CHIAKI  ICHIKAWA
2ndアルバム“SUNNY SWIMG”
3rdアルバム“MOMENTS TOGETHER”
ディスクユニオンより全国発売中!

フリーのラジオアナウンサー、英語通訳者を経て第8回神戸ジャズヴォーカルクィーンコンテスト準グランプリ受賞。

ハッピージャズをテーマに、卓越した英語力と抜群のスウィング感、安定した歌声で内外のジャズボーカル通をも納得させる、王道を行く本格派ジャズシンガー。豊かな表現力はミュージカルを彷彿とさせ、日本人離れしたディクションの美しさには定評がある、福岡を拠点に全国で活躍中。

2ndアルバム「Sunny Swing」は「ジャズ批評」2010ジャズオーディオディスク大賞ボーカル部門ランクイン。
 
'06年「JOY」、'10年10月「SUNNY SWING」'14年11月「MOMENTS TOGETHER」をリリース。




✩これからのおすすめライブ☆

8月25日(金)
福岡ニューコンボ
小森陽子P丹羽肇B木下恒治D

11月8日(水)
横浜BarBarBar
福井ともみP座小田涼一B藤井学D

11月18日(土)
名古屋桜山TwoSome
片桐一篤P

11月21日(火)
福岡ニューコンボ
フィリップ・ストレンジP丹羽肇B

12月2日(土)
太宰府Jazz工房Nishimura
浦ヒロノリSax小森陽子P


詳細はHPでお確かめ下さ~い
http://www.chiakiichikawa.sakura.ne.jp/cgi/schedule/schedule.cgi

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク